クエン酸 水虫

Image Replacement

注目されているクエン酸の効果

m09.jpg

クエン酸はレモンやリンゴといった果物に含まれるフルーツ酸です。
フルーツ酸を少し難しい言葉でいうと、アルファヒドロキシ酸(AHA)となります。

クエン酸は食品添加物としてもよく使われていて、酸味料や酸化防止剤などという添加物がクエン酸にあたるのです。このクエン酸が食品添加物に使われる理由には、安全、無害という理由があるため。

クエン酸は白色の結晶で、水に溶けるが油には溶けない性質がある。またクエン酸は不揮発性なので蒸発しないことから無臭である特徴があります。

最近では、ピーリングという美容法にもクエン酸が用いられ、古くなった角質層をきれいに除去して肌をきれいにする効果があると女性や健康関連の関係者のからも注目されている弱酸です。

弱酸は濃くしても弱酸であり、薄めるほど中性になるので、強酸よりも皮膚には安全な酸です。そしてクエン酸の特徴には、たんぱく質を変性させる効果があることに注目すべき点があります。

つまり、水虫にたとえるならば、たんぱく質でできている水虫(白癬菌)はクエン酸の効果で変化し機能を失うのです。

これらがクエン酸を含む酸が水虫に効くという理由なのだ!

酢と水虫と刺激臭

水虫かゆみの原因

悪臭ただよう水虫